L9 What would you like?(4時間)レッスンプラン

1時間目


「何がほしいですか?」のていねいな言い方」


1あいさつ

Hello./How are you?/How's the weather?/What day is it?


1 Lesson 6の復習 Review

フルーツの名前をフラッシュカードを使って発音練習


ALTとJTEの2人の会話を聞いてみよう

フルーツカードを相手にみせながら「What do you want?」「an apple, please.」

会話の内容を答えさせ、日本語の意味を確認。


以前習ったことを思い出してもらい、What do you want?のチャンツを歌いましょう。


2 let's listen1さくらとたくのフルーツパフェはどれ?


音声を流し、教科書内の番号の横に「さくら」「たく」と書かせます。


「Any volunteers?」で、さくらの選んだフルーツはどれ?か、1人ひとつずつフルーツ名を言わせます。

最後にどの番号がさくらのパフェか全員で答えを英語で言います。


3 Introduce (紹介)"What would you like?"

ALTとJTEの2人の会話を聞いてみよう


どのような会話だったか確認し、板書します。What do you want? と What would you like?の違いを説明します。

・同じ意味だけど、丁寧な言い方

・like といってるけど、好きの意味ではないよ。

・「何が欲しい?」と「何がよろしいですか?」日本語でも丁寧な言い方はあるよね。などポイントを押さえます。

4 発音練習

What would you like?


5 ワークシート+インタビュー


Hi,friendsに入っているパフェグラスのワークシートを渡します。

ペアの相手の好きなパフェを、「What would you like?」「Banana, please.」というように、5回聞きフルーツの絵を描きます。


6 ふり返り

7 あいさつ


今回は、尋ね方だけで、答え方のI'd like_______.は、デモンストレーションのときに聞かせただけにしました。




2時間目

「欲しいものを答えるていねいな言い方」

今回は、答え方の紹介をしていきます。I'd は、I would だということも伝えても良いと思います。


1あいさつ


Hello./How are you?/How's the weather?/What day is it?


1 復習 Review


食べ物の名前をフラッシュカードを使って発音練習

何が欲しいですかのていねいな言い方を全員で言ってみよう「What would you like?」


2 「I'd like______.」の紹介


ALTとJTEの2人の会話を聞いてみよう。


または、電子黒板のロールプレイングビデオを見せます。


答えの言い方は何といっていましたか? "I"のうしろに"d"という音が入るのを気付かせる。


3 Let's chant 🎵

ゆっくり→ふつうバージョンで


4 Let's listen (2)

5人のそれぞれ注文したものは何かを聞きとり、教科書にメモさせる。


5 Go fish ゲーム(カードを使用します)


4人でグループを作り、2セットのカードを1人5枚ずつ配ります。余ったカードは、まん中に裏向きで重ねておきます。


1番目の人が「What would you like?」と尋ね、2番目の人が「I'd like_____.」と答え、欲しいカードを1枚もらいます。手持ちのカードで同じカード2枚がペアになったら、捨てます。(横に置いておきます)


しかし、2番目の人の欲しいカードを1番の人が持っていなかったとき1番目の人は、「Go fish!(つりに行く!の意味)」と言います。すると2番目の人は真ん中からカード(魚)を1枚もらいます(釣ります)。


手持ちのカードが早く無くなった人が勝ちです。


※グループの1人の勝ちが決まったら、また新しくゲームをスタートさせるといいです。

先に終わった生徒は、ゲームが終了するまで、待ち続けることになるので。


ゲームの説明は、実際に1つのグループにデモンストレーションをしてもらい、皆に見てもらうのがいいでしょう。


6 ふり返り

ていねいな尋ね方と答え方が言えたかどうかをふり返ります。

7 あいさつ




3時間目

「欲しいものを答えるていねいな言い方」


1あいさつ

Hello./How are you?/How's the weather?/What day is it?


2 復習 Review

食べ物の言い方をフラッシュカードを使って発音練習

何が欲しいですかのていねいな言い方を全員で言ってみよう「What would you like?」


3 Let's chant 🎵

2回目のチャンツです。ゆっくり→ふつう


4 Activity⑴ テキストPg40

どこの国の給食か聞き取ろう。

 最初にWhat country?で4つの国名の英語の言い方を確認

 音声を聞いて、生徒は、番号を書き入れます。

4つの国の給食の様子のビデオを見ます。

日本との違い、気付いたことを発表させます。


5 Activity⑵ ヘルシーメニューを作ろう

ワークシートを配ります。700キロカロリーに近くなるように、食べ物カードを選び、ワークシートに貼ります。教科書のヘルシーメニューが、700キロカロリーであることを伝えます。

「デザートは飲み物よりカロリーが高めであること」や「一番カロリーの高いのは、ピザです」というようにいくつかヒントを出します。


※それぞれの食べ物のカロリー表は事前に作っておきましょう

選んだ食べ物のそれぞれのカロリーを予想してワークシートに書き込みます。

使ったワークシートはこちら⇒lunch .pdfです。

6 ふり返り

7 あいさつ



4時間目

「オリジナルメニューを作ろう」


このレッスンの最後の活動です。

クラス内にブッフェコーナーを作り、生徒は好きな食べ物を注文し、オリジナルメニューを作ります。

ブッフェコーナーは、クラスの大きさに合わせて、主菜、副菜1、副菜2、ドリンク、デザート、などを作ってください。


準備は必要(食べ物カードのコピーやお皿ワークシートなど)ですが、実際のブッフェコーナーを再現できるので、生徒の意欲も高まりますよ。



1あいさつ

Hello./How are you?/How's the weather?/What day is it?


2 Let's chant 🎵

カラオケバージョンでやってみてください。生徒が好きな食べ物を選びます。(長い名前の食べ物を選ぶと盛り上がります。)


3 デモンストレーション

先生たちは、シェフ役とお客さん役に分かれて活動のやり方を示します。

この時、悪い例と良い例を見せて、コミュニケーション時の大切なことに気づかせましょう。


4 ブッフェで好きな食べ物を注文しよう


事前に、グループ内で前半チームと後半チームに分けておきます。(前半にお客さん役の人はだれですか?と確認しておくとGood.)

前半、後半 各6分ぐらいです。


前半と後半が交代するときには、もう一度話すときの大切なポイントや、お手本になる生徒がいたら、紹介するといいです。

5 オリジナルメニューづくり

生徒は席に戻り、お皿ワークシートに食べ物カードを貼りオリジナルメニューを作ります。(メニューの名前をつけさせても面白いですよ。)


6 オリジナルメニューを紹介しよう。

ペアもしくはグループ内で発表させます。

This is my original menu. I like__,__,........and___.



7 ふり返り

8 あいさつ


これでこのレッスンは終了です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック